マネーの虎 和風ダイニングバーを開業したいモヒカン頭の屁理屈男

モヒカン頭でエッジの効いた特徴ある志願者。

過去イギリス留学の経験があり、和風ダイニングバー開業のため「4000万円」を求める。

留学時代に日本人であることで差別を受けた経験がある模様。

その反骨精神とイギリスにビジネスチャンスがあると感じ、事業を興そうと考えたようです。

番組冒頭でいきなり川原社長から300万円の投資を受けるも…

最終的には多くの虎たちをキレさせてしまい、総スカンな結末となってます。

SPONSORED LINK

日本とは全く違った和風ダイニングバー

日本人がイメージする和風とは全く違い、イギリス人が想像している和風を表現。

そして「日本」と聞いて想像する精密機器・自動車といったハイテク機器を活用。

店内には日本のテクノロジーを全面に押し出した雰囲気作りを考えている模様。

志願者
ソニーの液晶画面を置き、インターネット・パソコンの新作発表の場に使う。

飲食業に興味のある加藤社長も最初は興味津々でした。

志願者自身は料理人の経験はないが、レストランのホールスタッフとして働いていました。

志願者
イギリス人の友人シェフと一緒にイギリス人の味覚にある料理を提供し、主に焼き鳥を提供していきたい。

イギリス人は料理に無頓着との意見に虎が噛み付く

イギリス料理はあまり美味しくないと言われます。

志願者もイギリス人が料理に無頓着である認識を持っていました。

その意見に対し、イギリス在住経験のある床波社長が反論。

床波社長
(不味い事が)定説になっているが、ワインにしても、料理にしても、批評家の世界最高レベルは必ずイギリス人。何故不味いと言われがちかと言えば、単純に日本人の味に合わないだけで、本場の人は皆美味しいと思って食べている。

しかし返す刀で、普通の労働者階級の人が行けるレストランの食べ物は食えたものではないらしい。

堀之内氏も同調していたけれど、何故か川原社長は擁護し、300万円の投資を行っていました。

堀之内氏の核心のついた質問に屁理屈を唱える

お金を動かした事もない、料理人としての経験もないのに成功する根拠は何かの問い。

志願者
今の職場の社長に最初は経験も無かったと聞かされたし、社長の方々も最初はそうでしたよね!?
堀之内社長
確かにあなたの言う通り、最初は右も左も分かりませんでした。しかし何にも経験が無いのに、他人に4000万円貸してくれとは言わなかったし、まずは自分で稼いだからね。

何も返せない志願者だったけど、苦し紛れに出た話が人種差別に関することでした。

全く理路整然としない内容ですが、結局何が言いたかったんだろう…

珍しく上野社長が評価したかが

毒舌でおなじみの上野社長。

上野社長
見かけとは違う芯のある、人間として見たときに興味がある。

珍しく評価し、どのような規模で展開するのかを問われる。

お店の規模が席数110名、客単価5500円、日商50万円、月商1500万円。

これは素人が掲げる数字ではないことに腹を立て、志願者が投資してくれるか問うと。

上野社長
全然投資する気はない、大体最初のプロジェクトは30席からスタートすべきなのに、何故100席なの!?

と急にツンデレを発動し、反旗を翻すことになります。

何故客を席に案内せずに待たせるかについて問われると、本質を掴んだ解答が出来ず。

上野社長に心理学を通した分析を指摘されると…

志願者
固定観念はやめて欲しい。

結局マネー不成立となりましたが、番組開始時はいきなり300万円を投資した川原社長。

他の虎達が追求し出すと反旗を翻す鞍替えぶりが面白い。

この人どういう基準で投資をしているのか微妙。

川原社長が投資した志願者のほとんどは失敗してます。

SPONSORED LINK