マネーの虎 女性の離婚サポートをする会社を立ち上げたい志願者

女性志願者には「なるほど、こんなビジネスがあるのか」と驚かされる事もしばしば。

特に結婚・離婚に関連するサービスは、女性でなければ思いつかないビジネスが多いかも。

女性のための離婚サポート会社を立ち上げたい回も中々興味深いです。

岩井社長がこんなサービス認めたくないと反論する一方、南原社長は画期的と賞賛。

そして志願者の性格悪そうな顔が抜かれる瞬間が何ともいえない。

SPONSORED LINK

離婚サポートって何?

離婚から始まる幸せ作りのサポート会社を作ると話す志願者。

端的に言えば離婚相談所ですが、愚痴を聞ける場所を提供するため希望融資学は350万円。

驚いたのはお店の値段設定で入会金は3万円・月会費が8000円。

そんなサービスに対して岩井氏がこんな一言。

岩井社長
もし自分の妻がこんなサービス使っていたら、ぶちのめすね。

志願者は結婚相談所のアドバイザーをやっているそうです。

志願者
結婚相談所は結婚が着地点。離婚相談サービスは最終的にユーザーに任せる。

なのに3万も取るのは詐欺だとの岩井氏からの指摘。

しかし志願者の最終目標は、離婚したユーザーを再婚させるプロセスに導くこと。

そして男性会員を多く抱えるところとタイアップしていく模様。

女性の虎たちや南原氏は少しずつ興味を持っていくのですが…

男性社長の中で南原社長が興味を抱く

株式会社オリエンタルダイニング&リゾーツ代表取締役CEOの尾崎友俐氏。

尾崎社長
聞けば聞くほど良いサービスに思える。

離婚を経験された女性だからこその意見でしょうか。

南原社長
離婚しても次の結婚相手がいて、生活面が保障されているのは女性にとって大きなアドバンテージ。

男性社長の中で唯一の南原社長だけは少し興味を抱いていたのも印象的。

離婚は結婚以上にデリケートな話題だし、商売哲学の問題は付きまとう事業内容。

穴が多いのも事実

加藤・岩井両名の訴訟の山になる可能性がある指摘。

この指摘に対して、戸籍上綺麗になった方から優先的と反論。

しかし法律周りの対策を考えておらず、脇の甘さを指摘されマネー不成立。

臼井社長
だから女のビジネスは穴だらけだって言われる。

この分野は女性で無ければ良さが分からないのかもな一風変わった回でした。

時々志願者のふてくされたような悪い顔が画面に抜かれている(;^_^

どれだけ筋が通った発言をしているか、事業として採算が取れ成り立つか。

訴訟や法律にまつわる部分にも気を配らなければ、事業成立は難しいのかもしれませんね。

SPONSORED LINK