マネーの虎 郊外型洗車ビジネスを手掛けたい元応援団の志願者

郊外型洗車ビジネスのために「875万円」の投資を求める志願者。

都内で働くサラリーマンをターゲットに駅まで出向き、洗車して夜に引き渡すようなサービス。

目の付け所は面白く、虎達も興味深く話を聞いていました。

料金体系としては、単純洗車が3000円、室内清掃が1000円、コーティングが3000円。

SPONSORED LINK

洗車のプロと言い張るも

この事業を思いついた経緯ですが、洗車メインのガソリンスタンドで働いた経験があったそうです。

主婦や忙しい会社員のお客様から車を取りに来てくれという要望が多かったとか。

コレはイケるのでは思いついたそうです。

志望動機や投資金額の内訳について、質問されてすらすら答える志願者。

川原社長
何故出張する必要があるのか?
志願者
時間の削減です、車を止められるスペースがあれば良いが、現状スタンドでは車の停車をお断りする場所も増えている。

ガソリンスタンドの相場は2000円、機械でやる場合は200円の場所もあると言われています。

そのサービスを否定することもなく、ターゲットは本当に車を愛する富裕層向けのサービスと強調。

堀之内社長
洗車サービスは誰にでも出来ることか?
志願者
プロでなければ出来ない。

しかしよく話を聞いてみると、働いていた3年間はアルバイトのみ。

そのことを深く言及されていく。

堀之内社長
3年間アルバイトでやってもプロとは言いません、プロっていうのは10年、20年下積みをした方のことを言うんです、洗車にしても薬品の研究から、洗い方・塗装の研究までやる知る必要がある。

塗装の知識があるか問われると…

志願者
無いです。

自ら会社を辞め退路を絶っての挑戦

本事業を行う為に会社を辞めて無職になったそうです。

しかし他の仲間2人は未だ会社を辞めていない状況。

そこを加藤社長にキツい質問を色々突っ込まれていました。

加藤社長
会社辞めたのあなた一人でしょ!? これでノーマネーになったら、残りの二人は会社辞めませんよ!? どうするの!?

と、次第に虎達に押され始め、まずは一人で事業を始め、地道にやってみればとアドバイス。

しかし段々出てくるボロは止めることが出来ず…

上野社長にリスク管理を問われる

車のモノがなくなったり、車に傷がついたとクレームが入った対応について問われました。

志願者
基本的に車に傷をつけるというクレームは絶対に出さない自信があります。

しかし返す刀で突っ込まれる。

上野社長
いやいやいや、言いがかりも踏まえての話だよ。

ここで何も考えていなかったことが露呈してしまう。

応援団の過去を話し一発逆転か!?

虎達にボコボコに殴られた後、学生時代に応援団の旗手長の話に。

その経験を話すと自身も応援団長の経験がある上野社長がかなり興味を持ち出す。

大声を出し、応援団時代のパフォーマンスを見せるも、残念ながらノーマネーフィニッシュ。

ビジネスの着眼点と会社を辞めて挑戦する姿勢、応援団の経験などは買われていました。

しかしビジネスの勝算を見出せなかったことに残念がられていました。

上野社長
これから勉強するのでは甘い、今がどうなんだの話だ、今日の回は非常に惜しい。

と上野社長の最後の一言。

しかしあんだけ大口を叩いていた上野氏が会社を倒産して借金抱えるとは。

当時誰も想像出来ないですね。

SPONSORED LINK