月10万なら楽々稼げる!? 今SNSで活発に行われるママ活という副業

ニュースやSNSでも何かと話題のママ活。

パパ活と言えばいわば援助交際の延長ですが、ママ活はその逆バージョン。

援助交際と聞けば随分いかがわしいですが、どんな事が行われるのでしょうか。

SPONSORED LINK

ママ活とは!?

ママ活とは、若い男性と楽しみたいセレブリティのママが行う活動。

女性がお金、男性はその対価として時間を提供することでWin-Winの関係を構築。

ママ活の主な活動には以下が挙げられます。

・買い物に付き合う.

・一緒にご飯を食べる.

・デートする.

・添い寝する

・一緒に旅行に行く.

当然女性も”若い男性と遊びたい欲求”があります。

旦那様とご無沙汰になるほど、肉体的なものも含め「男」を求めるようです。

ちなみにアネ活という亜種も存在するらしく、両者の違いは肉体関係の有無らしい。

SNSに溢れるママ活の実態

ママ活で男性にお金を渡す女性がそんなにいるのか!?

SNSで「#ママ活」などで検索すれば、結構やってるっぽい人が確認出来ます。

プロフ等を見てみると、こんな紹介文が書かれていました。

・イケメン君の色んな面倒をみてあげたい(代わりに非日常を下さい).

・このツイートに、らぶりつしてくれた方全員にdm行きます.

・癒してくれるイケメンくんとお話しとか食事したいな.

・都合よく会える男子学生とママ活がちょうどいいかなぁって思ってる.

・ママ活で使う費用は1回8くらい.

まあママ活だけあって、生々しい事も書かれていますね。

SNS以外ではママ活専用のアプリがあり、これが一番確実らしい。

高学歴大学生が集まる実態

以前福岡の男子高校生がネット上で「ママ活」を呼びかけ問題になりました。

twitterでは金欠気味の男性が頻繁にママ活を募集していますが、とあるマッチングサービスでは、東大や慶応、早稲田、一橋大、東工大など男性登録者の傾向として高学歴理系が多いようです。

そのサービスでは「男女間の金銭や援助は原則禁止」としているようですが・・・

自分の頑張っている勉強・研究なり、話を聞いてくれる女性との出会いを求めているとか。

一体ママ活でどれだけ稼げる!?

SNSやママ活専用アプリを活用し、お金に余裕のある太客を見つけたり、複数のママを見つける事が出来れば、1ヶ月に10万円を稼ぐのは割と簡単にイケるそうです。

一般的な相場ってどのくらいなのか!?

一緒にご飯を食べるだけ:3000〜4000円/1時間

一緒に旅行にいく:3〜5万円/1日

実質レンタル彼氏:10万円/月

旅行の場合は拘束時間が長いですが、3食寝床+現金と考えれば良いのかもしれません。

またママ活をビジネスと捉えているプロは月40万円を稼ぐ方もいらっしゃいます。

その方はお金持ちのママ達に対して、自分は商品であり、相手にどんな価値を提供出来るか常にお考えのようで、もはやトップクラスのホストみたいです。

求められる能力

いやいやそんなに世の中甘くはないはず。

簡単に月10万円とは言うけど、人気のある一部の男性だけでしょ!?

ではママに気に入られる男性とはどんな特徴があるのか。

・イケメン

・マッチョ

・高学歴

・夢に向かって頑張る人

上3つ(特に一番上)はちょっと人によってはどーにもならんです。

ただルックスに自信が無くても、愛嬌や話術次第でどうにかなると話す人もいて、とにかくコミュニケーション能力に自信があって、最低限の清潔感があればイケるらしい。

そもそもママ活をやるママが何を求めているのか!?

・非日常

・癒し

・愚痴を聞いてくれる

・ストレス解消

・和みたい

・肉体関係

最後のは重たいですが、癒しや愚痴を聞くだけであれば、可能性あるかも…

一番気になるデメリット

一番注意すべきことはコレです。

まず男性側について、未成年だと青少年保護育成条例で罰せられる可能性。

成人済みでも以下のような危険を孕んでいます。

・バックに怖い男性がいる美人局.

・出張○○○系の業者などによる詐欺.

・アプリ課金を促がすサクラ.

特に怖い人に恐喝される危険性ってのがちょっとね。

ネット上ではママ活の具体的な始め方や稼ぎ方、そしてマッチングアプリ等のダウンロードを斡旋しているアフィサイトも多く見受けられますよね。

私は推奨しないので当然リンクも貼りませんが、興味のある方は自己判断で(◣∀◢)ψ

SPONSORED LINK