プロ野球戦力外通告 和製ランディ・ジョンソンと呼ばれた中後悠平

毎年年末に放送されるプロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達。

2015年は千葉ロッテマリーンズで活躍した中後悠平選手が特集。

スリークォーターやサイドスローなど時々で腕の位置が変わる変則左腕投手。

千手観音投法とも呼ばれ、投げ方があのランディ・ジョンソンに似ている事でも話題でした。

そんな将来有望な選手でも怪我をキッカケに転落していくプロ野球の世界。

SPONSORED LINK

メジャー注目の野球エリート

大阪府出身で甲子園には縁が無かったけれど、高校卒業後は近畿大学へ入学。

近畿大学と言えば糸井選手や二岡選手など投打共に多くの選手を排出している有名校。

そんな近畿大学では2年時から頭角を表す!!

関西学生野球春季リーグでは優勝に貢献しMVPを獲得、チームの優勝にって出場した全日本大学野球選手権大会の1回戦では、名門桐蔭横浜大学を相手に、1失点で完投勝利を収めています。

確かに投げ方がランディ・ジョンソンにそっくり。

大学時代での活躍から、日本のプロ野球球団だけでなく、メジャー球団も注目。

そんな野球エリートですが、千葉ロッテマリーンズから2巡目で指名。

契約金8000万円、年俸1500万円という条件で入団。

華々しいデビューをするも怪我に苦しむ

デビューイヤーの2012年、楽天イーグルスとの開幕カード第3戦8回裏に一軍公式戦デビュー。

1死満塁の大ピンチでしたが、2者連続奪三振で切り抜けチームを救いヒーローインタビュー。

しかしその年の7月に左肩鍵板の部分断裂が発覚し、長いリハビリ生活へ。

やっと完治した2014年に登板するも制球が定まらず、成績も残せず…

そして翌年、戦力外通告を受けました。

トライアウトの結果は!?

再起を図るべく、トライアウト受験を決意。

ただ2015年からトライアウトのルールが変わり、1度のみの開催になりました。

投手の場合はこの1日の中で打者3人に対して結果を残す事が全て!!!

トライアウト受験までに千葉ロッテの2軍施設で綿密に調整して万全を期す中後選手。

果たして結果は!?

え w|;゚ロ゚|w

ええ w|;゚ロ゚|w

えええええ w|;゚ロ゚|w

何をやってるんですか!? 中後さん。

毎年この番組観てますが、史上最低の結果ではないでしょうか。

独立リーグ→メジャー→横浜DeNAへ

本人も自覚されていましたが、結果が結果ですからプロ野球球団から連絡は来ず。

結局BCリーグのの武蔵ヒートベアーズへ入団することが決定。

しかしこの番組を観たメジャー球団のスカウトの目にとまり、メジャー球団から連絡が!!

スプリントキャンプに参加し、最終的にはダイヤモンドバックスとマイナー契約を締結。

いやぁ〜世の中誰が見てるか分かりませんね、ホント。

ただ結局メジャーには昇格出来ず契約が打ち切られましたが、何とある日本球団が彼に興味を抱く。

2018年、左腕の救援陣の強化を求めていたNPBの横浜DeNAベイスターズが中後選手を獲得。

そして今に至ると。

2018年の途中から横浜DeNAベイスターズに入団。

8試合(投球回数は7回1/3)のみですが、通算防御率は3.60で自己最高のシーズン記録でした。

2019年以降も是非、その変則投法を見せて頂きたいmm

SPONSORED LINK