行きたくない結婚式のオススメの欠席理由6選

結婚式はおめでたい席なのだが、普段あまり親しくない方や個人的に乗り気でない結婚式には参加したくないのが本音だ。またどんなに親しい友人であろうと、そもそも結婚式自体に否定的で出席したくない人だっている(私なんか、まさにこれに該当する)

どうしても欠席出来ない親族の結婚式などを除き、少しでも行きたくないと思ったら、行かない方が本人のタメにも相手のタメにもなる。断り方には気を遣うが断る勇気を持つべきだ。行きたくない結婚式に誘われた時など、どんな断り方をするのがベストなんだろうか。

そもそも何故、結婚式に出席したくないのだろうか!?

スポンサーリンク

お金!?単に面倒だから!?断る理由は人それぞれ

第一に挙げられるのがご祝儀の負担だろう。平均的な相場は3万円となっているが、自分の立場や相手との関係性によっては平均額を上回る可能性だってあり得る。

また三十路に近づくにつれ、学生時代の友人や職場の人間も結婚する人が増え、運悪く結婚式が重なると家計に大きな負担となることもある。あとは単純に面倒臭いとかね…。

ちなみに私はこんな理由で結婚式に行きたくない↓↓↓
もはや理由が結婚式にそもそも向いていない人だよね(;^_^

結婚すると自分の時間が殆ど無いのに最低半日拘束は辛い

個人的にご祝儀の3万円程度は痛くないが、仕事や結婚生活などでプライベートな時間が十分に確保しづらいのに、他人の結婚式で最低半日も拘束されることが一番堪え難い。お子様がいる人は尚更だ。大規模な挙式披露宴、遠方での開催ともなれば1〜2日を拘束されてしまう。

結婚式を楽しめる方は全く問題ないが、そうで無い方は単に自分の貴重な時間を浪費することになる。ちなみにこの理由で結婚式に行きたくない人が私の周りには圧倒的に多かった。3万円と1日あれば随分やれることの選択肢も増える。

スーツを着て堅苦しいイベントに出席したくない

普段の仕事先が私服OKで、スーツで仕事することが少ない。スーツを着たくないので私服OKの職場を選んでいるわけだが、そのせいでネクタイも上手く締められない。スーツの似合う体型でもないし、挙式・披露宴の長丁場を居心地悪い服装で過ごすのは辛い。

結婚式のコース料理が苦手だし、結婚式自体を楽しめない

結婚式のコース料理を楽しみにされる方もいるが、子供舌の私はコース料理が苦手なのでいつも困惑。また式中の会食時であっても、新郎新婦と一緒に写真を撮ったり、メッセージ収録など色々面倒なイベントも多く、当然だが自分のペースでご飯を食べられない。

参列者はもてなす側だが、結局の所は結婚式が面白いかどうかは新郎新婦のやる気次第。料理や余興にどれだけお金をかけるか、どれだけの友人が協力してくれるかなど。ご祝儀出したが料理はお粗末で余興は無く、面識ない新婦さんからの親御さんへの手紙を聞かされても…。

理由①〜③:世間的にウケの良い無難な3つの欠席理由


ネット上では3つの無難な結婚式欠席理由が挙げられていた。

  • 親族の法事の予定が入っている
  • 先に別の結婚式の予定が決まっている
  • 妊娠中・子育て中で参加できない

まあ確かにどの理由も致し方なし感が強いが、3つ目の理由は使える人も限られる。2つ目の先約による欠席は私も何度も使わせてもらっている。友人知人の結婚式の場合、親族の結婚式と被っていると言えば大抵何の疑いを持たれることなくやり過ごせる。

理由④:仕事や家庭の都合上、地元に居ない設定にする

これもたま〜に使う欠席理由だが意外に演技力が必要。結婚式に誘われる場合、式日の半年〜一年前に出席可能か聞かれることが多いが、仕事や家庭の都合で海外にいるなど言って欠席。

こんな理由ムリだろ!?と思われるだろうが、IT業界に限って言えば小規模企業であっても、最近海外に支社を作る会社は多い。私の所属会社もバリ島に事務所があり、海外勤務を希望すれば働ける。勿論しばらくの間、知人友人に会うことは出来なくなるけど、頻繁に会うことが無い知人であれば有効活用出来るかもwww

理由⑤:度重なる結婚式で金銭的に厳しい旨を伝える

月に数回結婚式が重なることは普通に有り得る。

ネット上では金銭的に厳しいことを理由に断るのは失礼と書かれていたが、嘘はつかず本心で金銭的に厳しいことを伝えれば問題はない。失礼か失礼じゃないかは招待する側が決めることで、そんなことで目くじらを立てる相手であれば縁が切れても問題ないだろう。

また結婚式が重なっている訳ではなく、単に行きたくない場合でもこの理由でイケるんでなかろうか。もし自分が結婚式を挙げた時に招待して来てくれた相手に対しては失礼な対応だが、そうでない場合やそれほど親しい相手でなければこの理由で十分だよ(o^∇^o)ノ

理由⑥:単純に仕事が忙しいでいいんじゃない!?

仕事を休んで来る人もいるので、この理由も失礼にあたると言われているが問題なしだ。人それぞれ事情は違うわけなので、欠席する理由をいちいち考えるのが煩わしい方はこの理由を告げて断りましょう。

勿論上に挙げたいくつかの欠席理由は、あまり親しくない方向けの理由になる。親族関係になると嫌でも断れないし、仮に自分の結婚式に快く出席してくれた方は無下に出来ない。

そういう煩わしいことに悩まされたくないし、友人知人を悩ませたくなかったので、私は親族のみの式披露宴で済ませたが、他人の結婚式を楽しめない人、有効に活用出来ない方は上に挙げた理由を上手に織り交ぜて断ることが肝要だ。

そして親しい方に対して断る場合には、アフターフォローをお忘れなく!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク