並ぶだけで7000円?裁判傍聴券のアルバイト

タイトルだけ見れば、かなーりボロい商売の臭いがする。

法廷で行われる裁判は、原則誰でも傍聴可能だけど、当然傍聴席にも数限りがある。特にテレビで取り上げられるような人気裁判は、マスコミ含め、多くの一般人も関心が高い。

そんな限りある傍聴券は傍聴交付手続、すなわり抽選によって選ばれた方のみ傍聴可能。

今回紹介する裁判傍聴券を獲得するアルバイトは、マスコミに代わって抽選を受ける仕事。裁判の内容にもよるけど、人気裁判だと抽選に当たればボーナス支給もある。

1〜2時間の拘束時間に関わらず、なんと報酬7000円以上も可能だとか。

毎日出来ることではないけど、臨時ボーナス感覚なら良いアルバイト。

スポンサーリンク

裁判傍聴券獲得のアルバイトは高額で儲かるの!?

タイトルでは報酬額7000円と紹介したけど、実際に支給される相場はいくらだろうか!?

一般的な相場は3000円 〜 (ボーナス支給有りの場合は更にプラス)

ちょっと落胆されたかもしれないが、裁判傍聴券のアルバイトの良さは仮に抽選に外れ、傍聴券が獲得出来なくても、ある一定額の報酬は貰える点だ。

抽選に当たれば更にボーナス支給の案件もあるので、ちょっとギャンブルなバイトかも…

ではどんな方に向いているアルバイトなのか↓↓↓

とにかく時間に余裕のある学生やフリーターなど時間的に余裕のある人

傍聴券を獲得出来るかは運次第だが、基本並ぶだけなので資格とか一切必要がない。

必要なモノとは!?

それは至極単純、スキルでも学歴でもなく、単に引きの強さだけが求められるギャンブル。

並んでいる時はスマホをいじるななり、人によってはかなり楽なアルバイトだ。

並ぶだけで最低時給1000〜1500円と、楽でコスパに優れているアルバイト

高額収入はボーナスが鍵!?人気裁判の傍聴券獲得倍率

抽選に外れても報酬は発生するけど、やっぱり高額収入獲得のためにボーナスが欲しい。

ここで気になる人気裁判の倍率だけど、過去行われた裁判で倍率が高い判例をご紹介↓↓↓

裁判日被告人倍率
2009年10月26日酒井法子330倍
1996年4月24日松本智津夫256倍
第一審の和歌山地裁初公判林真須美200倍以上

あのカレー事件の林真須美初公判は、なんと傍聴希望者が5220人もいたとか(゚ロ゚屮)

これで倍率200倍以上、一体のりピーの裁判(倍率330倍)は一体何人が並んでいたのか。

最近で倍率が高い判例だと、覚せい剤使用の罪に問われたASKA。

倍率は128倍とも言われ、東京地方裁判所425法廷の傍聴席42席に対し、司法記者クラブ加盟社へ割り当てた分を除いた21席に対して2646人が並んでいたらしい。

このような背景から、あたり券を確保するために大量のアルバイトを雇い、あたり券を譲渡して貰った記者や似顔絵師が、傍聴する流れになっているそうだ。

傍聴アルバイトはどこが募集してるの!?

スクリーンショット 2016-03-28 22.10.46-min

裁判傍聴券のアルバイトは、色んなところで募集がかけられるけど、最も有名なのは日本報道検証機関

サイト内のスタッフ募集で応募することが出来る↓↓↓

スクリーンショット 2016-03-28 22.11.14-min

出来るだけ高額収入を得るためには、倍率の高い裁判傍聴券を獲得する必要がある。日々ニュースを見ながら、何か大きな事件が起きた時には、裁判初公判の日程を小まめにホームページ等で確認するのが良いかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク