マネーの虎 うどん屋開業の世間知らず志願者

DSC_3864-11

マネーの虎に出演する志願者の1割がまともな人、2割がマネー不成立だけど惜しい人、残り7割は全然ダメな人というのが個人的な印象。全然ダメな人は見ていると笑うのを通り越して泣けてくるし、社長さんも大変だろうなぁと笑って見ていた。

そんな泣けてくる志願者の中で、特に印象的だったのはうどん屋の志願者だ。

全然ダメな人の共通点に事業計画の甘さもあるが、とにかく自分本位で世間知らずな印象。ただこーゆー人たちを見て笑うだけでなく、自分を戒めなければならない。

虎である社長にも個性豊かで強烈な方が多いが、見た目も口調も怖い小林社長がぶちギレることでも有名な回。視聴者としてはついつい笑ってしまう面白い回になっている。

スポンサーリンク

讃岐うどん屋の開業資金2000万を欲しい男

志願者がフルボッッコにされた有名な回。

讃岐うどん屋を開業したいということで、今まで経営を学んできた、うどん好きであるかを力説しているが、社長たちにボコボコにされている。

b85a16f6808a4f6346d2508340ea897d

フルボッコにされる理由には「美味しいうどんを関東で低価格で提供したい」とか言っているくせに、過去にうどん屋などで働いた経験も無ければ、虎から貰った金で自分が住む家を買って住むとかほざいてる。当初は食には驚きが必要とか講釈垂れていた姿はどこへやら。

ちょっと笑ってしまったのは、小林社長から過去の職務経歴を聞かれた時だ。うどん屋をやりたいにも関わらず、うどん屋では働かずに給食会社で毎日ご飯を炊き、社長の近くで経営みたいなことを学んだと話していた。

具体的に何を学んだかを問われても、どう新規事業を立ち上げてどう進めるかを学んだらしいが、抽象的な発言が多く小林社長が激怒するキッカケになる。

事業計画書を見た小林社長からはこの一言↓↓↓

この3枚の事業計画の内容は非常にお下劣です。

この事業を成功させるために現在は働いておらず、金策に走る予定とか言っているが、既に虎たちは怒りに満ちた表情だ。虎からの「失敗したらどうするの!?」との問いに「絶対失敗しません」と根拠のない自信だけ人一倍。終いにはマネー不成立でふて腐れている。

加藤社長からもプレゼンをする態度の悪さを指摘されるが、御構い無しに意見だけを延々を話しだす有様。

b4f0422bfa61d07e3aee29ce6e2f6bc9

マネーの虎に出演される志願者の中には、事業計画書を持ち込む方もいるが、今回の志願者の事業計画書は特にヒドかった模様で、これが小林社長の逆鱗に触れることになった。

視聴者目線からも”一生懸命働けや”と言いたくなる

終盤には聞いてないのに、急に自分の子供が障害を持っているとか話し始め出す。もっと一生懸命勉強して一生懸命働けよとのツッコミにもふてくされる有様。コイツはあかんわ。

特に小林社長がものすごい剣幕で怒鳴り立てるが、珍しく高橋がなり氏もイライラして志願者を泥棒呼ばわりし退出。そりゃ退出もしたくなるな。本当に人を苛々させる天才だろう。

高橋がなり氏の悪意のない泥棒が一番タチが悪いとの発言は印象深い。特にこの回は酷かったが、志願者の良い点が全く見当たらず、クズぶりを露呈。ホント奥さんや子供が不憫だ。

  • 目を疑いたくなるくらいに常識知らずである
  • 自分の行動がいかに失礼であるかを自覚できない
  • 投資のお金で至福を肥やそうと考え悪気を感じていない

ちなみに社長の方々はビジネスパートナーを探す名目だが、完全に無駄な時間を使った格好になっている。番組終了後に小林社長に謝っていたが、顔見てもあんま反省しているように見えない。

ろくに勉強や努力もなく、ただ金をくれとの志願者にマネーが成立する訳はないが、まず投資を考える社長に好感を持たれなければならないと堀之内氏も言及されていた。

マネーの虎で史上最も荒れた回ではないだろうか。

スポンサーリンク