電力自由化で料金安さに目が眩むと落とし穴に?

hand-1106927_960_720

2016年4月にはじまる電力自由化に伴い、KDDIなど新規参入する企業が増えている。

消費者側から見れば選択肢が増えるので、電力の低価格化や利便性の向上が期待出来ると思われがちだが、選択肢が増えることは逆にリスクも孕んでいる事を忘れてはならない。最近では多くのテレビ番組・雑誌等でも電力自由化が取り上げられ、どこが最も安くお得であるかを躍起になって広告している。

  • 東京ガス:年間約2万500円!
  • ソフトバンク:2年間で最大約16万1840円
  • KDDI:年間6312円
  • ENEOS:年間8024円
  • 東急グループ:年間約1万2620円

私が目にした雑誌では、上の5社が比較されており、各社はどれだけお得になるかを発表していた。携帯事業であるソフトバンクはスマホの『2年縛り』を有効活用しているので、2年間でのお得な額を提示しているようだ。

スポンサーリンク

要は囲い込み戦略、不要なサービスも抱き合わせてくる

b4545a48

特に気になったのだが、KDDIやSoftBankなど携帯通信事業の参入。以前ワールドビジネスサテライトでは、KDDIが住宅ローンに進出している話題が特集されていた。

日本の携帯料金の高さに、総務省・高市総務大臣からスマホ料金の引き下げ要請を受けていたが、携帯事業も何とか収益を上げるため、血眼になって競争している様が垣間見える。その一環として生命保険であったり、住宅ローンであったり、電力であったりする訳だが、KDDI専務もこれから様々な試行錯誤が必要であることに言及。

abc7df7e1cc35bd87b07de8d26a1b34e-1024x578

保険や住宅ローンを一緒に申し込む事で、電気代や携帯料金を値下げする従来の手法。全てを否定する訳ではない。しかし必ず利用者に、不要だと思われるサービスも抱き合わせで買わせるし、知らぬ間に口座から不要なサービス提供の代償として、多額のお金を毟り取られていたりも増えてくる。携帯電話の営業店舗では平気で嘘をつく者も多いので、高齢者のような情報弱者は高確率で毟り取られてる可能性を孕んでいるかも…。

スマホ買い替え時に登録させられてたYahooプレミアム

iphone6plus-538898_960_720

少し前にauからソフトバンクにスマホを買い替えたが、色々なプランを説明された。説明されてもすぐに理解するのが難しいし、説明すらされないことだったある。または『このプランを選べば必ず安くなる』と説明されたのに、蓋を開けてみれば結果的に不要なお金が掛かっていることもあった。

契約して半年経ったくらいの時、銀行口座の引き落とし履歴を見ていると、毎月Yahooから410円を引かれている事実に気づいた。よくよく調べてみるとスマホ契約時に、Yahooプレミアム会員に登録させられていたらしい。こっちはそんなサービス頼んでないし、スマホが使えれば良いんだけど…。

契約時にそんな話は一切受けておらず、Yahooプレミアム会員になっていると毎日サービス提供料としてあまり気にならない額が引かれていた。気にならない小さい額なので、「まあ、いいか」とおざなりにする方もいれば、「これは何だろう?」と疑問に感じつつも忘れてしまい、ずっとお金を毟り取られることになる。

説明を怠ったソフトバンク営業店のクソ社員は腹立たしいが、今まで調べなかった自分にも非がある。こういう事は世の中に氾濫しており、自分で調べなければ必ず毟り取られる。調べないお前が悪いとの指摘はごもっともだが、情報弱者の高齢者にはなかなか厳しいのではと思ったりもする。

Yahooプレミアムのようなサービスの解約って面倒い

maze-298838_960_720

こういったサービスの解約って色々面倒で、Yahooプレミアム解約のためには『YahooID』が必要になる。そんなもんすぐ忘れるし、契約時の証明書の端の方にちょこっと記載されていたので助かったが、それさえ無かった事を考えると恐ろしい。また解約時のオペレーションも、何度も何度も「次へ」ボタンを押さなければならない。

システム業界にいる身として分かるが、事業者側からすれば顧客を手放したくないので、解約のオペレーションって敢えて分かりにくくなっており、何とか解約させてない様な試みがされている。正直ウザすぎるが、ネットリテラシーがある方の私でさえコレなのに、ネットに疎い高齢者等には無理なんじゃないか。一度契約してしまえば、解約に必要な労力は容易でない。

値段に踊らされず、本当に必要なサービスのみを選ぶ

150415222377_TP_V-1024x683

電力事業化でも必ずあの手この手を使って、不要なサービスを抱き合わせで提供される可能性が考えられる。携帯電話の2年縛りなど、一度囲い込まれると色々面倒なのだ。物やサービスが溢れている時代だからこそ、テレビや雑誌の値段のお得さだけに踊らされず、本当に自分に必要なサービスのみを選択出来ているか、不要なサービスを契約していないか、騙されていないか自分で調べて考える事が大切だとつくづく感じる。

何も考えないなし、冒頭で挙げた各社のお得度を見てしまうと、どうしてもソフトバンクに目が行ってしまう。どこの電力が自分に適しているか分かるWEBサービスが色々あるが、利用者が騙されずに済むような良質なサービスが、どんどん世に生まれればいいなと感じる。

スポンサーリンク