退職理由の上司への切り出し方とタイミングは!?

終身雇用が崩壊した!? と言われる昨今、数回の転職は当たり前になりました。特にIT業界は他の業界に比べて、雇用の流動性も激しいので、まだ20代だけど転職回数が3〜4回の人もいたりしますが…そーゆー方は転職回数分だけ、上司に退職届けを出しています。

巷では多くの方が退職時に色々悩まれてます↓

  • 退職理由は何と伝えれば良いのか!?
  • 上司にどう切り出せば良いのか!?
  • 切り出すタイミングはいつが適切なのか!?
  • 引き止められたらどーしよ(゚ー゚;

退職理由について、心の中では”現職の給与が低い”から、もしくは”職場の人間関係に難があったり”など、後ろ向きな理由があっても、実際上司に伝える時は、前向きな理由(スキルアップ)を話す人が多いのかなと。引き止められても、鉄のハートで押し切るのみ。

ただその退職の旨を”どのタイミングでどう切り出せば良いのか!?”って、結構悩みどころ。結局自分と上司の関係性にもよるので、一概にコレ!!とは言えませんしね…

私自身、2度の転職経験があるので、2度転職の旨を伝えていますが、その時の経験や上司への切り出し方について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

気心の知れた上司には退職の旨を伝えやすいので割と楽

一般的に退職の旨を伝える相手は、直属の上司だと言われます。が・・・そもそも退職理由が人間関係(特に上司に原因がある)の場合、まず上司に退職の旨を伝え辛い(;^_^

IT業界で客先常駐的な働き方をやってますと、案件毎で一緒に働く社員も変わります。

それに合わせて上司もコロコロ変わってましたが、新卒入社した会社で働き続け5年が経過した頃、相変わらず会社側の論理で案件を振られ、自身の希望が全く考慮されない事に疑問を感じたので、直属の上司に退職の旨を伝える事を決意しました。

5年間働く中で、当然合わない上司も沢山いましたが、当時の上司は頻繁に飲みに行ける関係性だったので、退職の旨を伝えづらいと言う事はありませんでしたね。

どのタイミングでどう切り出すか!?

問題はコレですよね。

飲みの席で退職について相談し、後日正式に結論を出す!!

飲みの席で”退職の話題”は出さず、勤務時間内に二人だけの時間を作り、退職の旨を伝えるのが良いと言われますが、現場の雰囲気次第では、それがちょっと厳しかったり…

急に二人で会議室に行ったりすると、他の社員に悟られるかもだし(;^_^

私はちょっと会社で、いきなりその話題を切り出し辛かったので、二人で飲みに行った時、退職を考えている事を正直に打ち明けました。すると勿論、上司は残念そうな顔をして下さり、真剣に話を聞いてくれ、そして”もう一度考え直してみない!?”と引き止めてきました。

コレで全然問題無いと思います。

当時の上司には色々お世話になりましたし、その”上司の顔を立てる”意味でもその場一旦考え直しますと、そして後日に正式回答する流れになりました。それから一週間後、上司も察してくれたのか、退職を告げる前日、私にこう言ってくれました。

明日いつもより早く出社するから、君も早めに出社して答えを聞かせて.

多分私が周りの社員に悟られたりするのが、嫌だと悟って下さったからの発言だと思います。

次の日、改めて正式に退職の旨を伝え、上司も意思が固い事を認識したのか、上司経由で部長と人事部に退職の旨を伝えてくれました。上司によっては、”飲みの席で退職の相談してくる奴は非常識だ!!”なんて言われる場合もあるかもしれませんが…

まあ良好な関係が築けている場合、誠意をもって真剣に相談すれば、問題なく物事は進むので、あんま場所やタイミングは考える必要無いかなとも思ったり…LINEとかはマズいかな(;^_^

ちなみにその上司とは今でも付き合いがありますが、私も部下を持つ年齢になりましたので、その上司を見習い、退職相談し辛い上司にはならないと心に刻んでおります。

退職の理由が直属の上司に問題がある場合はどうする!?

2つ目の会社での話、まあ〜とにかくハズれ上司を引いた時が辛い。

運悪くクラッシャー社員が上司になってしまい、その上司は若手社員をボロボロにして辞めさせる事で有名でした。部長なども頭を悩ませる中堅社員で、技術はあるけどマネージメントに難ありな人。ホントに嫌いでしたね〜(;^_^

クラッシャー上司に対する唯一の対処法は!?
ブラック企業に続き、最近何かと話題のクラッシャー上司問題。 こんな条件を満たしてしまう人が、クラ...

まあそんなクラッシャー上司ですから、毎日ビクビクしながら仕事をする日々。しばらくの間一緒に働きましたが、クラッシャー上司に嫌気がさし、転職することを決意。当然飲みに行く関係性でも無いですから相談し辛い。

どーやって切り出すか悩む日々が続きました。

昼休みに皆がランチ行ってる間に現場PMを捕まえて相談

直属の上司であるクラッシャー野郎に相談することを諦め、クラッシャー上司の上司である現場PMに相談することになりました。たまたま当時の私はランチを食べない日があり、現場PMもランチを食べない事が多く、お昼時は二人だけ自席に残る日があったので。

ホント助かりました。

現場PMには”別の会社で新しい事に挑戦したい!!”的な前向きな理由だけを伝え、退職する運びとなりました。勿論引き止められましたけど、この時ばかりは鉄のハートで、即退職を押し切ったし、直属の上司を飛ばしてるので、世間的には非常識かも。

まあ辞める人の状況(精神状態とか)も色々ですからね。

みんなどんな風に退職を切り出しているの!?

特に最近はどうなんでしょうかね!?

当然業界・業種によるけど…

例えば私のいるIT業界では、相変わらず客先常駐開発者が多いと思うんですが、その場合は自社にいる時間より、客先にいる時間の方が圧倒的に多い訳です。

そーなると用も無いのに、いちいち帰社するのも面倒になったり…

いわゆる帰属意識が無くなる的な…

みんなどーしてるのか気になり、私の在籍する会社を辞めた社員に聞いてみると、いちいち会社には帰らず、チャットツール(slackなど)で辞める旨を伝え、書類は郵送でやりとりだとw

私が古い人間なのか分かりませんが、どーにもチャット的なもの(LINEとかSlackなど)で退職のやりとりするのはどーなの!?と思ったりしますが、ある意味で気を遣わずに辞められるのは良いのかもしれませんね。

IT業界が皆こーではないし、単にウチの会社が特殊なだけだと思いますけど…

その内、後腐れなく退職出来る会社やサービスなんか生まれたりして。

スポンサーリンク
スポンサーリンク