退職した社員から聞かされる会社の真実

最近ポケモンにハマり過ぎて、めっきりブログが更新出来ていなかった上、読んでも何の得にもならない会社の身の上話を投稿している今日この頃。

以前こんな記事を投稿したことがある↓↓↓

転職活動が会社にバレると気まずい関係が続く?

同僚女子(A子)の転職活動が、応募先企業からの密告でバレてしまう話だけど、A子も無事転職先が見つかったこともあり、A子含め、退職した社員数人と飲む機会があった。

スポンサーリンク

SESや受託で利益を上げるベンチャー企業の生きる道

今現在私が勤める企業は、受託&SESで利益を上げる、何処にでもあるような一般的な零細ベンチャーIT企業。そんな企業の多くは、会社を盛り上げるため、受託&SESで儲けた利益の一部を使って、自社サービス開発に取り組むところが多い。

ウチの会社もコレに該当します.

コレ自体問題は無いけど、普段客先で働き、半強制的に業後に自社サービス開発を手伝わされたりすると、エンジニアも疲弊、多くが不満を抱く。またモノは作れても、マネタイズやプロモーションが甘く、結局1円にもならないケースも多くある。

ウチの会社がコレに該当します.

そのお金は投資!?それとも融資なの!?

現状を打破すべく社長も本気になったのか、1年前よりVCから資金調達していた。A子が退職時、同時期に退職する会社の経理関係の子から聞いた話では、3000万を借入?たとか。

そのお金で作られたモノ(自社サービス)は、backlogのgitに眠っているそうだ.

勿論1円にもなってないorz 供養してやらねば…

プロジェクト始動時、事業計画書を作り、あれだけ上場上場と声高らかに叫んでいたけど、コレに懲りず、また新たに資金調達(1億)し、別の新規サービスを作っていた。勿論その挑戦する姿勢やバイタリティはスゴイんだけど…

A子の借入?って言葉に引っかかったけど、ベンチャーファイナンスには増資借入があるらしく、前者は返済義務が無いけど、後者は返済義務があるようだ。詳しくは知らないけど…

3000万も1億円も多分増資だと思うけど、実際のところどーなんだろw

お金=信用!!どんな仕事でも信用が大切

増資にしろ借入にしろ、会社が新規サービス開発を続けるのは全く構わない。

まあオレが作った会社じゃないしね。

ただずっと結果が出ない&マネタイズ出来ないと、会社として信用を失い、新規サービスに携わっていない(受託&SESで働く社員)自分のような社員に、火の粉が降りかからないよね?とは、ちょっと問い掛けたくなる。

ちなみにその場には、近々退職される年上のエンジニアがいらっしゃった。

私より3年近く在籍期間が長かったので、こーゆーこと(自社サービス開発)は日常茶飯事で、一度もマネタイズには至っていないとか。転職サイトのスカウトメールで、同じような企業(中小IT企業)が、自社サービス云々を語ってくると、正直辟易してしまうとかww

この歳になると、自社サービス云々を聞かされると、またか!?と言いたくなる.

この言葉は印象的だったwww

やっぱ普段から縁故&転職サイト等を活用し、行き先をPickUpしておくことが肝要。

色んな話をしたけど、現職の身なので一番気になる話題はコレだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク