貯金を始めて半年で100万を貯める7つのコツ

100万円と聞いて、多くの人は何を想像するだろうか!?

もちろん大金であるのは間違いないけど、家も買えなければ、せいぜい3〜4ヶ月間の生活費で消えてしまう額。資産運用始めるにしても、額が小さすぎてポートフォリオすら組めない。

けれども100万あれば、貯金0に比べて随分と心の余裕が出来るのも事実。

100万の貯金を作れると一気に資産が増えると言われるけど、多分100万を貯めれる人って、堅実に貯蓄できるクセが、体に染みついているからだと思われる。 ← コレ経験談。

1年あれば非現実的な数字ではない100万の貯金。

貯金したくても中々実践出来ない、現在働かれているサラリーマン(主婦の方)やOL向けに、100万貯めるための取り組み・考え方について具体的な施策などをご紹介。

スポンサーリンク

100万貯めるための2つの前提条件について

貯金で100万を貯めるには、最初に2つの条件をクリアしてもらいたい。

1点目は貯金をするクセをつけること!!

まずは少額の目標で構わないので、短期間(2〜3ヶ月間)に10万くらいを貯めること。もちろん意志が強くて、自信がある人はいきなり始めるのもアリ。

ちなみに500円玉貯金とか手軽に始められるのでオススメ↓↓↓

500円玉貯金のメリットと続ける為の3つのコツ

ある程度貯金をするクセがついてきたら、毎月○○万円ずつ貯金して、△△迄に100万を貯めるなどの計画を立てよう。コレが出来ないと、どんな工夫をしても100万貯めるの厳しい!!

2点目は貯金用に別口座を作ること!!

多くの方が言われてるけど、とても大切なこと。とにかく貯金用口座は100万を貯めるための口座、一度貯金したら目標額に到達するまで手をつけるのはNG!!

貯金するためには収入増やすか、支出を減らすかの2択

サラリーマン・OLは、毎月支払われる給与の一部を貯金に回す訳だけど、毎月なるべく多くの貯金をするためには2つの方法しかない。

単純に収入を増やすか、支出を減らすかの2択。

どちらも心掛けたいけど、人によって前者は難しい。

まずはすぐ出来る支出を抑える5つの取り組みをご紹介↓↓↓

コツ①:特別理由が無ければ格安SIMフリースマホ利用

とてもベタなんだけど、毎月掛かる固定費の削減が100万の貯金にはとても大切。

昨今では格安SIMフリーの登場により、安価で快適にスマホを利用することが出来る。ざっくり相場だが、ネットのみなら1000円(3G)、電話+ネットなら2000円くらいかな。

ホント特別な理由が無ければ、3大キャリアを使う意味って全く無い。

普通に3大キャリア使ってると、恐らく毎月最低でも6000円くらいは掛かるけど、格安SIMフリーなら2000円程度、毎月4000円強の差額になる。多分年間で5万程度は貯蓄できる。

正直このくらい言っても全然言い過ぎでないと思う↓↓↓

なるはやで100万を貯金したいなら、第一歩は格安SIMフリーを使うことから始まる!!

コツ②:ふるさと納税で上手に控除を活用する

国も推奨している神制度

実質2000円負担で、地元の名産品が貰えるため是非活用したい。

ふるさと納税で受けられる控除額は、働き手の年収や家族形態によって異なる。単身者で平均年収420万の場合、45000円が納税額として認められているので、43000円は返ってくる。

10000円のふるさと納税で、お米20kgA5ランクのお肉など、生活費の足しになること間違いない。仮に年収420万の人が、全てお米のふるさと納税(80kg)を行った場合を考える↓↓↓

お米の相場は5kg当たり1500〜3300円くらいと言われている。中央値の2400円で換算しても、年間で36000円くらい(実質負担2000円)お得になる計算となる。

ふるさと納税は地域活性化の役にも立つし、絶対にやらないと損するので是非!!

コツ③:交友関係を見直し無駄な余計な交際費を抑える

人付き合いは大切なんだけど、無理のない範囲で人付き合いするのが良いかも…

お金を使う時は、常に投資・消費・浪費のどれに該当するか考えてほしい↓↓↓

  • 『投資』は「支払<効果(影響)」
  • 『消費』は「支払=効果(影響)」
  • 『浪費』は「支払>効果(影響)」

無駄な飲み会はお金の浪費だけでなく、時間の浪費にも繋がるので(;^_^

他人から見た時、自分が友人への投資(会うに値する人)になりえる人間でありたいね。

また明らかに数合わせで呼ばれる結婚式は、勇気をもって断ることが大切。心から祝う気持ちになれないなら、出席するのは失礼になるので(;^_^

行きたくない結婚式のオススメの欠席理由6選

もちろん近しい友人や、自分の結婚式に出てくれた友人の式には出席してあげてね!!

無駄な浪費を削るためには、少なからず人脈の断捨離が必要!!

コツ④:朝ごはんで高タンパクのものを摂取する

日々仕事の忙しさに追われ、朝ごはん食べない人もいるけど、浪費を抑える上では極力朝ごはんを食べることをオススメしたい。高タンパクな食べ物(卵や納豆など)がベスト!!

朝ごはんを食べなくなると、脳が余計にご飯を食べるよう命令し、夜暴飲暴食になりがち。そのせいで逆に太ってしまうことも多いようだ。必然的に浪費も増える傾向。

お金を貯めるには、生活習慣も見直す必要がある!!

太ってしまうと病気のリスク洋服が入らなくなるなど、あまり良いことはない。健康と浪費を抑える意味でも、極力朝ごはんを食べるようにした方が良い。

朝ごはんは高タンパクな卵や納豆を積極的に摂取すること!!

コツ⑤:買い物&自炊で毎日の食費を抑える取り組み

買い物して自炊しよーと考えるのは良いけど、一人暮らしの方にはコスパが悪いかも。

一人暮らしだと材料が余って無駄になったり、かえって高く付くこともあり得る。また毎日栄養バランスを考えて食事するって、忙しいサラリーマン・OLには至難の技。

そもそも料理が苦手だったり、嫌いな方にはオススメ出来ない(;^_^

もし食費を抑えたいなら、以下の点に気をつけるのが良いかと↓↓↓

  • 土日に安いスーパーで買い込んでおく
  • 一人暮らし用(カット野菜/一人用鍋など)をフル活用!!
  • 自炊と外食をバランス良く使い分ける
  • 職場に水筒を持参してペットボトルを買わない

体はあなたの一番大切な資本。

無理な食事制限過度な節約は、結局自分に返ってくる。お金持ちの方ほど体を気遣い、なるべく良いものを摂取しようと心掛けている。

無理な節約よりも、美味しいものを食べて生きる活力を得た方が、トータルで考えると効率的。あとは食事を通じて、良い人脈を作るキッカケにも出来る。

過度な食費節約はNG!! 食べることは自分への投資であると前向きに捉える

コツ⑥:毎月給与の20%を自動積立できる仕組み作り

1年で100万を貯金するなら、最低でも毎月給与の20%を貯金にまわしたい。

もし毎月貯金するのが煩わしい、確実に貯金したければ、自動積立で毎月貯金することをオススメする。色んな銀行が給与から一部を天引きして積立てくれるサービスをやっている。

上に挙げたコツを実践しつつ、自動積立やってれば高確率で100万は貯まる。そして目標を達成した時、単にお金が貯まるだけでなく、生活習慣や考え方も随分と違っている。

自動積立で毎月決まった額を確実に貯金する!!

コツ⑦:半年で100万貯めるには収入増やすしかない

上に挙げた支出を抑えるコツは、気持ち次第で今すぐ取り組めるものだと思う。

他にも浪費を抑える手立ては沢山あって、例えば家賃高いのでシェアハウスに引っ越すとか、美容院代を節約するためにセルフカットするとか、酒・タバコなど趣向品を一切辞めるとか。

まあ誰にでも出来ることではないよね(;^_^

ちなみに半年で100万を貯めるためには、毎月16.7万円を貯金しなければならない。

私は半年間(今も継続中)、毎月17万円を貯金し100万円を貯めた。純粋に給与のみで半年100万を貯金できた理由は、やっぱ転職して給与を上げられたことにある。

ここまで長々と書いておいて結局ソレ!?(|||ノ`□´)って感じだが、支出を抑えるコツ収入を上げるを同時に考えて実践しないと厳しい。あとは副業で足りない分を埋め合わせること。

半年で100万を貯金したいなら、支出を抑える+収入を増やす取り組みを!!
スポンサーリンク
スポンサーリンク