[転職活動日記]新人時代の上司に誘われたの巻

何だかんだ言って、IT業界って受託案件やSES契約で働くエンジニアが多いけど、流動性の激しい業界でもあるので、職業柄色んな現場で色んな関係会社の方と顔を合わせる機会がある。

大多数がその場限りの関係で終わるけど、中には長い付き合いに発展することもあり、先日私が新卒入社した会社で、2年目の頃に出会ったエンジニアの方(今後は元上司)と、久々に合う機会があった。もう10年来の関係になる。

元上司は数年前起業して会社設立、メールで”都内にオフィスを構えたので遊びに来ない?”と誘われ、遊び半分で会社にお邪魔したのだけど、端的に言えば入社の打診だった。

こんなクズで技術力の無いなんちゃって3流エンジニア風の男でも、縁を大事にすればお声が掛かる事に感動しつつ、話を聞いてみると、相変わらずバイタリティーに溢れる方だった。

受託案件やSESを主とする企業では、何とか自社サービスを作り出そうと、社内でイノベーションチャレンジ的な催しをやる事が結構多いんだけど、新卒入社した会社も似たような事を開催。元上司は一人でコンテストに応募し、入賞したりと社内では結構有名な方だった。

一般的な社員は、どうしても本業であるソフトウェア開発に目が行きがち(仕方ないけど)

尚且つITスキルはあっても、ビジネススキルがお粗末なので、くだらないアプリ(痴漢撲滅アプリ:痴漢に遭った時、アプリのボタンを押して音が鳴る等)をネット上にばら撒いていた。

対して元上司は、ハードウェア分野にも精通しており、自身で半田付けし、電子工作とソフトウェアを組み合わせ、結構実用的なものを毎年作っていた事には感心した記憶がある。

元々私と出会う前にはシリコンバレーで働いていたり、以前も起業し一発当てようとされてたらしく、知識も経験もある方なのだが、今回また起業して、高齢者向けにウケるクラウドサービスを作りたいと意気込んでいた。

そこで問題となるのが、やっぱり人材になる.

ある程度のモノを作れる人はお金で雇えるが、そこそこのPM・PL経験があって、一緒になってビジネス(マネタイズ)を考えてくれる優秀な人、夢に共感してくれる人がいないとね。

まあ~そうだろうなぁ~と、更にそんな優秀な人材であれば引く手数多だから、居ても話すら聞いてもらえるかどうか…多分相手にすらしない人が大多数では!?

技術的にはオワコン(単純な技術力は3,4年生くらいだと思う)な私に何故お声が掛かったかだが、当ブログのように業務で学んだ技術を活かし、幾ばくかマネタイズした経験があったり、何時も話をする時は技術視点より、サービス・マネタイズ視点で話をしているので、そこらへんに興味を持ってもらったようだ。

後は10年来の付き合いだから、裏切りとかない安心感。

こーゆーのがあるから、一期一会の縁も大切にするべきだと、この年になると改めて思わされる。こんな打算的な考え無しに人との縁は大切に育むことが肝要なんですけどね。

スポンサーリンク