ブログ経由でnote収益化を試みる人増えてる?

PAK85_pentonote20140313000808_TP_V

ネットビジネスを考える上で、ブログでのマネタイズって参入障壁が低いと言われている。

私もかなりオススメな副業だと思うんだけど、一般的にGoogleアドセンスは1PVで0.1〜0.2円程度。アドセンスだけで10万の収益を得るには月間50〜100万PVが必要。

ブログ開設は楽だけど、個人ブログで50〜100万PV稼ぐってかなーーーり難しい。

アドセンス飯はブログPV数が100万も必要!?

まあ~月2、3万なら実現性高いし、それだけで一般サラリーマンには十分な額なんだけど…

ブログは基本無料で記事が公開されているけど、真に価値あるコンテンツ(記事)には、お金を掛けて良いと思う方は多いと思う。そんな方々向けに、自分が作成したデジタルコンテンツを簡単に売れるプラットフォームが数年前にリリースされた。

noteは文章、写真、音楽、動画など気軽に投稿し、作り手とフォロワーをつなぐサービス。

スポンサーリンク

ブログ記事を有料化出来るサービスについて

以前にもブログ以外で、お金を稼ぐ手法にメルマガまぐまぐなどがあった。ブログは無料で閲覧出来るサービス、まぐまぐは月100円で記事を読めるように有料化出来るサービス。

有名人にもメルマガをされている方がいるが、ホリエモンは月額864円15000人の会員がおり、メルマガだけで1000万円以上の収益を上げていたとか…

しかも獄中でwww 凡人にはそんな発想浮かばないだろうけど…

まあ~あの人は別格なんだろうけど、素人でもノウハウあれば、メルマガはかなり稼げると言われている。noteも基本同じようなプラットフォームで、メルマガと違い、文章以外に音楽や映像など、デジタルコンテンツ全般を取り扱っているようだ。

個人クリエーターにとっては、活躍の間口が広がって良いかも…

noteって具体的にどんなサービスなの!?

クリエーターは文章、写真、音楽、動画などのデジタルコンテンツをnoteに投稿することで、ブログやSNSと同じ感覚で世の中に公開することが可能。

pixivやYouTube、SoundCloudが一つになったサービスみたいな感じ

Facebookのいいねのように、ユーザーはクリエーターのページにコメントをしたり、投稿をしたり、コミュニケーションが図れるようになっている。

有料化だけでなくサポート機能がアツいかも!?

私も少しだけ利用しているが、デジタルコンテンツの有料化でマネタイズするのは勿論、クリエーターを支援するサポート機能がアツい。

一種の寄付なんだけど、幾ばくかサポートが入った時は純粋に嬉しかった。

サポート金額は100円・500円と選べる。日本は欧米に比べて芸術に疎いと言われており、絵描きや写真家が食べていくのは大変だと聞く。

本当に良質なコンテンツを提供するクリエーターの方にサポート金が集まり、もっと盛り上がればいいなと感じる。

WordPressに慣れていると物足りない!?

コレはちょっとnoteのデメリットの話になるかもしれない。

文章を投稿する場合、シンプルなデザインで投稿することになる。

あまり凝ったデザインやカスタマイズは出来ないっぽい。

hタグやbタグなどで強調くらいは出来るけど…

シンプルで分かりやすいのがメリットである反面、WordPressでのブログや凝ったアフィリエイトサイトを作っている方には物足りないと思うかもしれない。

noteにはブログ・メディア業界の大物が続々と進出

株式会社ピースオブケイクが2014年にサービスリリース後、しばらくは日の目を見ることが無かったが、劇的に変わったのは2016年初頭だろうか。

プロブロガーのイケダハヤト氏やThe Start upの梅木雄平氏、LINE上級執行役員の田畑信太郎氏など、メディア業界では結構有名な人がnoteを使い始め、有名になった印象。

強い主張を持った方や、本当のクリエーターに向けられたサービスのような感じ!!

その後、影響力のある有名ブロガーを筆頭に、はてなブロガーの方々もチラホラnoteに記事を投下している模様。そしてnoteでの華麗な収益結果がどんどん報告されている。

アイディア次第で化けるし、マネタイズ出来るかも!?

素人でもアイディア次第で結構マネタイズしてるみたい。

ただし単純にデジタルコンテンツを単純に有料化しても、あんまり買ってくれないし、そもそもnoteまで辿り着かない。多くはブログ運営を行う傍、一定記事をブログで公開してアクセスを集めつつ、noteに誘導している模様ですね。

あとは絵が描ける方の中には「100円であなたのアイコンを殴り描きします」とのサービスをコンテンツ化し、上手くマネタイズ出来ているっぽい。

絵が描ける人・音楽に強い人はアイディア次第でマネタイズ出来そう。

特にtwitterでシェアしてもらえるくらいに顔が広い方!!

スポンサーリンク