マイ水筒で無駄な浪費を減らしてお金を貯める

自分の生活スタイルを見直した時、大きな買い物による支出は無いけれど、毎日の生活の中で細かい無駄な消費があることに気付かされる今日この頃。

自分にとってその最たる例が、仕事合間にコンビニや自販機で購入する飲料水代だった。

1本あたりの値段なんて150円そこそこなんだけど、月間・年間で換算してみると、塵積で結構な額に膨れ上がっている。コンビニで買うとなれば、元々買う気の無かったモノまで購入する恐れもあり、まさに悪手となりえる。

スポンサーリンク

どうすればお金を貯められるか?の思考が大切

日頃から自分の生活を見直す習慣があれば、どうすればもっとお金が貯まるのか、無駄なコストを圧縮出来るのか、無意識のうちにそんな思考になるみたいね↓↓↓

お金が貯まる人は、常に自分の習慣を見直そうとするらしい。

私も無駄な消費を抑えるために、職場に少し前から水筒を持参するようになった。

1日ペットボトル2本(110円)購入していたので、ざっくりこんだけ掛かる計算↓↓↓

20日(営業日) x 2 x 110円 = 4400円

年間に換算すれば52800円となる。

マイ水筒を持参して以降、確かに無駄な浪費(飲料水)は減ったけれど、逆に1日の中で全くお金を使わない日もあり、500円玉貯金は滞っていることが悩みの種になってしまった。

500円玉貯金のメリットと続ける為の3つのコツ

マイ水筒持参で健康的に痩せられた

いつもお水やお茶を飲んでれば、あんま太らないだろうけど、ちょっと仕事でイライラすると、甘~い飲み物を買ってガブ飲みしてしまうこともある。甘い飲み物って、とんでもない量の砂糖が入っているので、何本も飲んでれば太るし、健康的にも良くない。

マイ水筒の持参は、日々の浪費を抑えられるだけでなく、自身の健康にも一役買ってくれるので、職場で働く人は積極的にやった方が良い。もちろんマイ水筒に甘い飲み物を入れて持参してたら、効果は薄れるだろうけど…

単純に喉を潤すのが動機ならマイ水筒持参はオススメ

いつも働き先の自販機で購入してるんだけど、特別飲みたい飲み物も無いので、適当に安いお茶を買っていた(ほぼ思考停止)。単純に喉を潤すことが購入の動機なので、自宅のお茶を水筒に入れて飲む方が個人的に良いとの結論に至った。

自販機で飲料水を購入する理由が、その自販機やコンビニでしか売ってない特別美味しい、もしくは絶対飲みたいなら、水筒をもってくる必要もないし、お金を払ってでも飲料水を買った方が幸せになれる気がする。

過度な節約は自分の為にも、世の中の為にもならんしね~。

コンビニもあの手この手で色んなモノを売ろうと努力してるけど、陳列棚に並べられた新商品やお気に入り商品などは、積極的に消費した方が良いかな。ただ冒頭に書いた理由ならば、マイ水筒を持参して、無駄な浪費は抑えるのが吉かと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク