お金の本質は信用?知っておくべきお金の歴史

hand-819279_960_720

多くの人が『お金を稼ぐ・貯めること』に躍起になりがち。

普段利用しているお金の歴史を知ることで、将来大金を稼ぐ糸口になるかも…

ちなみに1万円札の原価は20円で、多くの方がこの紙切れに1万円の価値があると思い込んでいるけど、果たして本当にそうなのか…

お金は信用を数値化したものに過ぎない!!

ライブドア問題で注目を浴びた堀江貴文氏は、お金の本質を上のように言われていた。

スポンサーリンク

物々交換や物品貨幣が利用されていた時代

prehistory-1142403_1280

山に住んでいた人はイノシシを追いかけ、山菜や木の実を採っていたり、海の近くに住む漁師は魚や貝を釣ったりしていた時代。

やがてそんな人達の間で、物々交換による交易がはじまり、自分が獲った肉や野菜と、魚や貝を互いが納得する量で交換していた。

次第にわざわざ物品を用意するのが面倒になり、それに代わる『物品貨幣』が現れた。

物品貨幣から鋳造貨幣が使われ始めた時代

gold-coin-1098960_1280

重たい石の貨幣を持ち運ぶのも手間だし、石自体にあまり価値はない。時代が進むにつれ、それ自体に価値がある金・銀などの金属が貨幣として利用されるようになった。

これを『鋳造貨幣』と呼び、現代でも貨幣はまだ利用されている。

しかしこの貨幣にも色々な問題があった。

金のような高価な物を持ち歩くと、盗まれる可能性があるし、使っている内に磨り減って目減りしてしまう。また貨幣を発行していた国王や政府は、戦争や財政再建のために貨幣を額面よりも安いコストで作り出すことがあった。

500円玉を100円で作れば400円の利益が出るが、これが『通貨発行益』と呼ばれるもの。こんなお粗末なことを続けていたので貨幣価値は下がり、紙幣が登場することになる。

現代に代表される紙幣が発行され始めるのだが・・・

dollar-1443244_1280

わざわざ貨幣を持ち運ぶのも面倒になり、商人に金・銀を預ける代わりに、何時でも交換可能な引換券が登場。これが後の紙幣になるが、ちょっと頭の働く商人は意外に金銀が引き換えられない事実に気付く。

諸説あるけど、この事実に気づいたのがユダヤ人らしい。

金銀の裏付けなく預かり証を発行しても全然バレず、次第に彼らは紙幣を発行して利子を取る金貸し業で世界的に大きな力を得ていく。紙幣はGOLDに変えられる『兌換紙幣』として流通していたが、1970年代にニクソン・ショックが起きる。

その結果にGOLDを保有していなくても紙幣を発行出来るようになった。現在ではゴールドの裏付けがなくても紙幣が発行されており、完全にバーチャルな世界になっている。

クレジットカードや電子マネーの台頭

MAX87_iphonesq20140531_TP_V-1024x666

クレジットカードは『信用カード』と直訳できるが、ただのプラスチックのカードを提示すれば物やサービスを買える。

仮に支払い延滞等でクレジットカード会社から、カード保有者は信用がないと判断されれば、クレジットカードを使うことは出来なくなる。まさにバーチャルな世界になっており、お金に『実態』はなくなっている。

人間は物々交換にはじまり、お金とは実態ではなくバーチャルなものである事実に気付き始めた。そしてベースにあるのは人と人との信頼関係にあり、信用を数値化したものこそがお金と言えるのではないだろうか。

誰かのヒモになれるのもある意味信用があるから

rope-1469244_1280

ドルには及ばないけど、日本円は世界的に見て信用がある。

そんな日本円の流通する日本に生まれ育ったことは、お金を稼ぐと意味でも大きなアドバンテージ。お金は信用を数値化したものであると書いたけど、お金を稼ぎたければ、まずは『自分の信用力を高めること』が最も大切なのかも…

それが日々の生活の中で周りの人を気遣ったり、スキルを高めるための自己投資に繋がる訳だが、働かずに食っているヒモのような人でさえ、これはある意味信用力が高いと言える。

『他人に頼らず自分の食い扶持は自分で何とかする』という考えは最もだが、ヒモになれるのもある種の才能であり、ヒモにしてくれている人に何かしらの貢献があり、信用を得ているからヒモになれていると、言えなくもない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク