小梅太夫は今現在アパート経営で家賃収入35万円

女形の白塗り化粧に「チクショー」と叫ぶことでお馴染みのお笑い芸人小梅太夫

エンタの神様で大ブレークして以来、数々のお笑い番組で目にしたが、生き馬の目を抜く勢いで日々新たな芸人が次々と出てくる芸能界。長く人気は続かないのが現実だった。

とあるインタビュー記事で書かれていたが、小梅太夫自身も売れていた時期から「仕事が減ったらどうしようか」と常に頭のどこかで考えていたとか。

2007年に結婚され、息子が生まれて以降、小島よしおや髭男爵が現れ、小梅太夫をテレビで見る機会は減っていた。

そんな状況に危機感を覚えつつ、小梅太夫が手を出したのはアパートの大家さんになって家賃収入を得ることだった。元々は不動産投資知識は0だったらしいが、結果的に毎月35万円の家賃収入を得るに至ったようだ。

スポンサーリンク

不動産投資・アパート経営ってド素人でも出来るの!?

アパート経営に関する書籍は書店でもよく目にするが、以下の点に注意しなければ失敗の可能性が大きく膨らむようだ。他にも色々気を配るべきことはあるだろうけど・・・。

  • 立地の問題
  • 購入資金の問題
  • 家賃の問題
  • 見栄えや修繕費用の問題
  • 火災や地震の問題
  • 騒音の問題
  • 建て替えや売却の問題

ド素人が特に気にすべきなのは購入資金と立地・家賃問題だろうか。

都心中古アパートは最低5000万円近くするみたいで、個人では手を出しにくい。

しかし小梅太夫はピーク時に月収400万円、年収4000万円を稼ぎ、給与のほとんど貯金していたようだ。頭金3000万円で5000万円のアパートを購入。

立地も都内の椎名町で、若者に人気はあると思う。

椎名町は西武線で池袋まで5分の学生に人気な街

アパート経営で重要になる立地の問題。

人口減少で郊外や地方のアパートの空室率が叫ばれているが、いくら安かろうが、需要のない土地では賃貸経営は向いていない。

小梅太夫が購入した椎名町だが、都内池袋に5分でアクセス出来る利便性は◎。

駅周辺にはチェーン店や商店街も立ち並び、若者・学生にも人気の街となっている。

私の自宅から徒歩圏内だったので、駅周辺を歩いて見たが、目と鼻の先に池袋の街があるにも関わらず、かなり庶民的で物静かな街並みだった。

駅近には物件情報が掲載されていた↓↓↓

一人暮らし向けの物件は5〜7万円台が多いイメージ。

小梅太夫は駅から徒歩5分圏内の鉄骨造りの耐震アパートで1ルームが6部屋の物件を購入。

家賃は1階の3部屋が5万5000円、2階ロフト付きが6万4000円なので、お金がない学生や若者には需要が見込める物件となっている。

家賃収入35万円と芸人としての営業込みで月60万円

立地の良さが功を奏したのか入居者はすぐ決まった。

契約先の業者が家賃満額を保証、インタビュー時までは入居者とのトラブルもなくアパート経営出来ているようだ。基本的なことは管理業者にお願いし、たま〜に物件を確認し、問題がないかを確認しているとか。

満額家賃の35万7000円から、ローン返済額8万7000円と管理費の1万7000円を引いた額が純利益(25万3000円)。更に芸人としての営業を合わせて月収入60万円

一発屋と揶揄されるが、複数のキャッシュポイントを持ち、手堅く収益を上げているのは純粋に凄い。もう一度芸人として再ブレイクし、もう一棟アパート経営することを夢見てる。

ちなみにそんな小梅太夫を見て、芸人のヒロシが不動産投資を始めたいと相談したらしい。しかし当日になって「やっぱり、僕行けません」と腰が引けていたようだが、今ではヒロシも中野坂上でお店を経営している。

こちらのお店も徒歩圏内だったので行って見た↓↓↓

ほとんどヒロシはおらず、お店は他人にお任せのようだけど…。

エンタの神様放送時から毎年誰かしら一発屋芸人が世に出てくる印象。芸人としてはただの一発屋でも、小梅太夫やヒロシのように現状に危機感を持ちつつ、事業を行い成功する人は結構多いみたいね。

スポンサーリンク