[転職活動日記]横浜のとあるIT企業に行ったの巻

以前にも下の記事を投稿しているけど、今現在積極的に転職する気がなくても、次行くかも?的な会社は、常にPickUpしておくべきじゃないか?の考えの元、1年振りに重い腰を上げ、会社訪問をしてみた。

エンジニアが転職の為にポートフォリオを作った

普段仕事先に行く時、電車を使わないので、久々の朝の通勤ラッシュ帯は体に堪える。

更にその日に限っては運悪く、人身事故の影響で遅延。約束の時間を5分オーバーするというあるまじき醜態を晒してしまい、バツの悪そうな顔で先方と顔を合わせるハメに…(勿論事前に遅れるかもメールは送信済み)

スポンサーリンク

技術的な事は突っ込まれず、終始世間話をしていた…

和やかな雰囲気で面談を終えた。

あまり技術的な事を聞かれなかったのは、多少不安を感じつつも、終始世間話ばかりしていた。会社の数だけ面接の雰囲気も違うんだろうけど…

先方の面談では社長さんとCTOっぽい人の2人がおり、まず今までの経歴について、WEB経歴書を使いながら、ポイントを絞って具体的に説明。

その後は質問タイムになり、以下のような事を聞かれた↓↓↓

  • どんな観点で転職先の会社を探しているか!?
  • 将来的に、こーなりたい的な理想像はあるか!?
  • 今の自分が働いている会社の事

1点目に関しては、正直にこんな回答↓↓↓

自宅から近くて、私服OKの会社が良い!!

もうちょっと嘘でも、まともな理由(この技術を磨きたいとか)を挙げれば良かったのかも…

また3点目には多くの時間が割かれ、内容としては今現在働いている会社の売上比率(SES?受託?自社サービス?)や、採用や評価について、自社サービスやオフショアなど。

応募先企業も現在は受託開発による売上がメイン。

何とか自社サービスを作りたいが・・・

との、多くの中小零細IT企業と同様の悩みを抱えており、こーゆー話に時間が取られていた。

地元に根ざした経営を目指すIT企業

誰でも名前を知っているような大手有名企業や、ホント技術に特化したベンチャー企業であれば、先進的な技術の話など質問も出来るが、そーゆー系のネタは無さげだったので、技術的な情報収集はあまり出来なかった。

ただ個人的にこの会社良いなって思った事が2つあった↓↓↓

  • オープンソースカスタマイズのノウハウがある
  • 地元に貢献出来る企業でありたいとの思い

オープンソースカスタマイズって、所謂WordPressとかEC-CUBEとかパッケージ系を用いたシステム開発。WordPressくらいメジャーであれば問題ないが、便利だけどマニアックなパッケージもあり、日本語ドキュメントも乏しく、一から手をつけるのは面倒。

WordPress含め、これらパッケージ系のノウハウがあれば、会社だけでなく、個人でも色々チャレンジ出来る可能性があるので、そこらへんのノウハウは欲しい!!と感じた。

また地元地域に貢献出来る企業であることを目指す姿勢にも、純粋に好感が持てた。同地域内に本社のある会社からの受注は、多少安価に請け負う姿勢。

更に役所などと手を組み、地元地域を活性化出来る自社サービスを作りたいとの思いは、単純に良いなぁ~と。

ただしやっぱり自社サービスって難しいね

自社サービスについて、ある程度の具体的な案、マネタイズ方法が確立しないと、ベンチャーキャピタルも投資してくれない。

また社員を通常業務終わりに無償で働かせてれば、不満が続出したりと、あまり良くない方向に進む可能性もある訳で、そこらへんは、応募先企業の方々も頭を悩ませていた。

何だか企業同士の悩み相談を共有する場の様になっていたけれど…

改めて自社サービスを形にし、更にマネタイズしている企業には頭が下がる。それは個人レベルでマネタイズ出来ている人(スマホアプリとか)も同様なんだけどね。

そこそこの開発経験があれば、そこそこのモノ自体は作れるので、やっぱ具体的な案を持っている人、作りたいモノが明確な人は強いし、羨ましい。

自分の進路を決める面談より、何か個人で出来るWEBサービスの案は無いか、改めて再認識する場となっていた。そーいえば応募先企業は副業OKだったんだろうか。。。

(追記)
冒頭でも書いた通り、今現在転職する気がない旨を伝えていたので、今後の予定は流動的、かつ本当にこの会社の近くに転居するかも未定。なのでそーゆー状況になり、まだ会社に興味を持っていた時は、もう一度連絡ヨロ~との結果に終わった。

多分落とされてはないと思うけど、まあ当然だわな。

スポンサーリンク