エンジニアが転職の為にポートフォリオを作った

自分のキャリアも一寸先は闇な訳で、用心に越したことはない↓↓↓

退職した社員から聞かされる会社の真実

副業でお金を作ることが大切なのは勿論、キャッシュポイントの大部分を占める本業のケアも忘れてはならないと、久々にキャリア&スキルの棚卸しを行った。

その一環として最近業務で触っているCakePHP3上で、ポートフォリオを作ってみた↓↓↓

ポートフォリオ(現在閉鎖中)

まあ~ざっくり言えば業務経歴書と作ったWebサービスのお披露目を兼ねたペラ一のサイト。CakePHP3上で動かしてるけど、ほとんどCake機能は利用せず、HTMLとBootstrap3で作ったものになる(一応モバイル対応済み)

スポンサーリンク

ポートフォリオって何!?

ポートフォリオってデザイナーとかが、自身の成果物でスキルを証明するのに使うらしいけど、エンジニアもモノづくりに携わる職業なんだから、作っても良いのかなと…

ちなみにこちらのサイトには、ポートフォリオの作り方・見せ方が紹介されている↓↓↓

ポートフォリオの作り方

さすがデザイナー職だけあって、エンジニアの自分には表現出来ない見やすいデザイン、凝ったアニメーションが施されている。とても勉強になるのでオススメ。

何故わざわざ作ったの!?

作った理由は色々ある↓↓↓

  • モノを作る職業だから、自分の作ったものでアピールしたい
  • 複数の転職サイトに業務経歴を登録するのがメンドイ
  • 転職サイトで企業がどこまで応募者を見てるか確認出来る(踏み絵)

エンジニアの転職活動って、やっぱり書いたコード(github)や、作ったモノを持ってる人が圧倒的強者な印象。いちいち複数の転職サイトに文字で登録するのも面倒だし、Web版ポートフォリオを一度作って公開しちゃえば、あとはURLを貼り付けるだけど済む。

転職時に色々役立つかも!?

そして意外に3つ目の理由は大きい。

同じような転職サイトでも、しっかり登録者のレジュメを確認する企業が多く集まっている媒体もあれば、全く見ておらず、明らかに自動マッチングでランダムメール送ってるのがバレバレな媒体もある。

やっぱり自分の経歴とか見てない企業と面談したって時間の無駄だし、しっかり向き合ってくれる企業と優先的に会っていきたい。ポートフォリオとか登録してれば、しっかりレジュメを見てくれているか、多少の確認くらいにはなると思う。

Webエンジニアにオススメの転職サイト

ちなみにすぐ転職する気は無くとも以下に登録している↓↓↓

  • マイナビ転職
  • @type
  • DODA
  • Wantedly
  • green

今の時代、転職サイトとかマッチングサービスって無数にあるけど、Webエンジニアなら個人的にはgreenWantedlyなら、とりあえず登録はアリだと感じる。

複数の転職サイトを使ってみての所感↓↓↓

Wantedlyとgreenは割とレジュメを確認してる印象

Wantedlygreenを活用してる企業は中小零細ベンチャー系が多く、人を厳選して声を掛けているので、しっかりと登録者のレジュメを確認している印象。

特にWantedlyは面接よりも砕けた、会食しながら話すみたいな企業もある.

写真やコラムも多いので、他の媒体に比べれば少なからず印象も伝わってくる。こーゆー媒体は、自身のポートフォリオを積極的に載せて活用すると良いんじゃないかな。

@typeは採用事務局のメールがウザい

@typeを使ってる企業は、しっかりと見てる企業と全く見てない企業が半々な印象。

まあ~採用もいちいち確認してる時間ないんだろうね.

ソレはいいとして、頻繁に送られてくる@type採用事務局からのメールがウザい。

エンジニアであれば、大体サイバー系やその他有名Web企業への応募を打診される。こーゆー企業に人員を入れることが出来たら、採用事務局に大きなお金が入るからだと思われるけど…

@type採用事務局からのメールって、拒否できないっぽいんだけど、出来るのかな!?

大手だから案件多いけど地雷も多めかも

リクナビNextと双璧をなすマイナビ転職。

マイナビ転職は見ない企業、もしくは明らかに自動マッチングで適当なメールを送ってるとしか思えないのが多い。ヒドい誤字脱字入りのテンプレスカウトメールが氾濫してるかも…

ビックリしたのはマイナビ転職でのスカウトメールの一文。

エン転職に登録されているあなたのレジュメを確認して~

と書かれているものがあった。絶対アンタら見てないだろと笑ったけどwww

名前も名乗らず、とりま会おうぜ的なノリの会社も多いけど、コレはマイナビが悪いんじゃないし、その企業が馬鹿なんだけど、案件数が多いだけに、こーゆー地雷系企業も多い印象。

リクナビNextはもっとヒドいので登録すら辞めたけど…

正直かな~りイマイチなDODA

日本語にするとドーダなんだけど、何故かデューダと読ませるでお馴染みの転職サイト。

正直この中で一番使い辛かったので早々に退会。こちらも@type採用事務局同様、色んなヘッドハンティング会社から、とにかく会おうぜのメールが山のように飛んでくるので疲れる。

DODA = @type採用事務局の10倍ウザイ = リクナビNextと同じくらい

あと自分の希望職種を登録するのではなく、スカウトされたくない業界業種を登録しなければならない。コレ非常に面倒だし、ITに限定してんのに、なぜか松屋や土風炉、バスやタクシー運転手の会社からメールが飛んでくるwww

もはや本当に見たいスカウトメールが埋もれてしまっていたorz

自分を振り返れるポートフォリオ

ここまで転職サイトの悪口含め、長々と書いたけど、ブログ同様に自己を振り返る意味でも、ポートフォリオって良いと思う。

自分の場合、全て一から作ったけど、最近では一瞬でポートフォリオを作れるWebサービスもあると聞く。スキル含め、自身のパーソナルな部分もポートフォリオで表現出来れば、幾分か転職もしやすくなるかも。

特に自分みたく特質すべき技術力とか無いと自覚してる人は、尚のこと自分の見せ方を工夫しないと、歳を重ねるにつれ、会っても貰えないしね(;^_^A

スポンサーリンク
スポンサーリンク