アプリ収益化に辿り着けないエンジニアと会社

twitterやFaceBookを見ても、世の中には個人レベルでスマホアプリを開発し、幾ばくか収益を上げられる方が多々いらっしゃる。まあ収益額の大小はあるだろうが、とにかくその行動力には頭が下がるばかりだ。

個人スマホアプリ開発は収益化が難しい現実6選

個人アプリ開発で生計を立てる人がいる一方、泣かず飛ばずでヒーヒー言ってる方もいるが、私の周りには収益化どころか、そこまで辿り着けない人の方が圧倒的に多い。

少なくともそんな人が周りに10人はいたのだが、皆私と同様にエンジニアであり、多少学習すれば簡単なアプリは作れる者ばかり。

何事もやる気と行動力が肝要だね。

以前も紹介したが、全くのド素人である大学生や公認会計士の方も開発リリースは出来る。

スポンサーリンク

簡易アプリすらも作らずに業務で学ぼうとする人

意外にこういう人が周りに多かった。

まあアプリ開発する理由も人それぞれだし、別に悪くはないと思うんだけど。ただ少なくとも私の周りにいた多くのアプリ開発未経験者は、一攫千金を狙っており、業務でアプリ開発経験が積めれば、一石二鳥だよね的な思考

黎明期ならいざ知らず、昨今では随分とアプリ開発人口も増えている。そんな現状なのでアプリ開発未経験者であれば、最低限プライベートで簡易アプリくらい作ってみなければ、案件にすら巡り合えないし、紹介すらしてもらえない。

当然1円も収益を上げることはないorz

こんな奴は「論外だ」とバッサリ斬りたいところだが、アプリ開発の現状とか色々調べてみると開発者の技術力やアプリのクオリティーが、直接的収益に結びつかない事例は山ほどある。

なので簡易アプリすら作れなくても、アイディアや売れると確信出来る何かを持っているならば、アプリを作ってくれるパートナーを探してみるべきかもしれない。

寧ろ簡単なアプリを作れる人など腐るほどいるので、お金儲けで始めるならばアイディア持っている人の方が強いかもしれない。ちなみに私の周りにそんな人はおらず、大抵アイディアを持っていて、かつ収益化出来ている人は自分で作って売っていた。

参考書を読んで簡単なアプリは作るんだけど・・・

結局自分の中で作りたい物や案が無ければ、いずれモチベーションも下がってしまう。

私含め、多くの知り合いが初心者向けの参考書を見ながら、メモ帳・タイマー・電卓を作ってみるが長くは続かなかった。また所詮は個人レベルでの学習なので、業務で活かせるレベルに届かず、自分の中で作りたい物が無ければ結局は時間の浪費に終わるパターン。

プライベートでアプリ開発をやる理由もそれぞれだが、一攫千金や業務に活かせるかもくらいの動機では物にならない可能性大。自分の中で作りたい物がある、もしくは今後業務でスマホアプリ開発があるので事前勉強する必要があるなど、明確な動機があれば良いんだけど。

私も数年前に参考書で学習した口だが、数年経過してバージョンやライブラリなど開発環境も激変しているので、当時の知識はあまり役立たない。

って言うかほぼ忘れている。当然収益も0円だよね(;^_^

一応それっぽいもの作ってみたけど・・・

私の同期エンジニアがJavaでの業務経験を活かし、クイズアプリ的なものを作っていた。

彼とは新卒入社した会社での同期で、ちょうど5年目くらいの頃、一緒に辞めてからも、ちょくちょく会って話す間柄。

私は退職後すぐ転職したが、彼は半年間ほど職に就かず、独学でAndoridの勉強をしてアプリを作っていた。

自分でクイズを作って解答する至極単純なアプリだが、動作はサクサク動き、バグらしいものも見受けられない。しかしエンジニアだけあってデザイン性は褒められたものではなく、正直面白みの欠片すら感じられなかった。

誰が使うの?

とは言えず、笑顔で

へえ~、凄いねー

と適当な相槌を打つしか出来なかったが…。

作った動機としては、幾ばくかの収益と転職活動での材料に使うことを想定していたらしい。ただこれといって目立った特徴も無ければ、所詮は初心者が個人レベルで作った物なので、転職活動でもあまり活用は出来ていなかったとか。

誰に言われることもなく、率先してプライベートでも勉強する姿勢は評価されているかもだけど、ほぼダウンロードされることもなく、彼のアプリ開発は幕を閉じていた。

Google先生に副業について聞いてみると、アプリ開発を進めている記事も多いし、素人でも多少勉強すれば確かにアプリは作れる。

収益化出来ずとも、趣味の一環として楽しめれば全く問題ないんだけど、本屋で初心者向けのアプリ開発本が山のように積まれているのを見ると何とも言えない気持ちになる。

会社レベルで取り組んでみたけど・・・

個人レベルではなく、会社単位で事業と言うより、”空き時間を活用してやってみよう~ぜ”的な会社に、2社ほど遭遇したことがあった。1社目はSES契約メインの会社で、業後の決められた日時に自社に集まって、チームで作りたい物を作ろうみたいな感じ。

当然業務優先なので、集まれないメンバーもいる訳で、積極的に作りたいと思えない人だって当然いる。結果的に成果物すら作れない、または作れても一部のやる気ある人が殆ど一人で作ったに落ち着いていた。

勿論収益化には至っていないorz

2社目は今現在いる会社なのだが、社長が率先して指揮を執り、一応それなりのものをリリースしていた。最近ではVCから資金も調達し、旅行系のアプリを作ったりしているが、目を見張る収益は上げられていない。

今後は分からんし、挑戦する姿勢は大切だけど…

とまあ会社単位での取り組みであれば、収益化以外にも営業時の話のネタにもなり、思わぬ所で仕事に繋がったり、採用募集掛けるときに会社の特色としてアピール出来るので、無駄にはならず役には立っているようだった。

スマホアプリが世に出始めて、10年近く経つだろうか。会社事業レベルの取り組みは勿論、特に個人レベルで行動し、収益化出来ている方には本当に脱帽だ。

スポンサーリンク