50代プログラマーのマネージメントが面倒い話

30代のITエンジニアであれば、多くの方が一度は悩むであろう今後のキャリア。

このまま技術者で行くか、それともマネージメントに進むか、または別の道か…

私自身、特別技術への執着がなく(コレも結構問題だけど)、また最近は管理・設計など上流工程に携わる機会が多いのだけれども、やはり自分より年下の若手を指導するケースが多かった。当然40、50代の方をマネージメントした経験は無い。

とまあ今現在参画中の案件でも、20代前半の若手を指導しつつ、何とか案件を推進してきた訳だが、対面にいるエンジニアO氏(恐らく40代前半)の脇には、随分癖の強い50代プログラマー(今後はT氏)が座られていた。

スポンサーリンク

旧知の仲でも上司と部下になれば上手くいかない!?

O氏とT氏は昔からの仕事仲間であり、気心が知れる仲?なので、当初は仲睦まじく会話されていたが、それが管理する側と管理される側に分かれると、どうにも事情が違ってくるらしい。

漏れ聞こえる会話を聞く限り、O氏はかなり全うな意見を言っているようだが、T氏自身も拘りが強いようで、事あるごとに衝突。中々首を縦に振ろうとはしない。

確かにT氏は経験もあるので、それに裏づけされた知識・技術力を持ち合わせていたと思われるが、どうも発言内容がプログラマー本位と言うのか、限られた期間とリソースで苦渋の選択を下したO氏の意見には一切耳を貸さず、自らの道を突き進んでいるようだった。

50代なのに!?と言えばかなり語弊はあるが、O氏に対するホウレンソウが皆無。それも度々衝突する原因となっていたみたいで、O氏は随分疲弊していた。

彼らのやり取りを見て感じた率直な感想はコレに尽きる↓↓↓

50代プログラマーのマネージメントって、色々クソ面倒そうでやりたくないね.

当然50代でも物腰が低く、こちらの話を聞いてくれる方もいるだろうし、逆に若い方にも自我が強く、人の話を聞かない人はいるので、何とも言えんのだろうけど、やっぱ地雷を踏む危険度は増すのだろうか…

そしてやっぱり年上には気を遣うわな…

人のふり見て我がふり直せ

T氏が着任してから1ヶ月、遂にO氏の堪忍袋が切れたのか、T氏を解雇する運びとなった。それに伴い、私もO氏の案件に関わり始めたが、T氏が書いたソースや設計書を見て驚愕。

設計とは言い難い省略された文面に汚いソースコード。インデントもぐちゃぐちゃで階層も深いわ、変数名にval1とかval2とかって…どんだけ経験あるか知らんけど、せめてリーダブルコードくらい読めやとツッコミたくなる有様。

これ保守する人悲惨やな~とO氏と半笑いするしかない…

40、50代になっても高い技術力を持つエンジニア(特にフリーの方)は沢山いらっしゃるだろうけど、今現在年下(30代)である自分から見たら、やっぱり何処か気を遣うというか、マネージメントし辛いと感じてしまう。

それと同時に自分が40~50代になった時、どうあるべきか真剣に考えなければヤバい.

高い技術力と最低限のコミュニケーション能力があれば、仕事に困る事は無いかもしれないが、明確な年齢制限を敷いている現場は確実にあるし、年齢だけを聞いて拒否反応する年下エンジニアは多くいると思う。

ホント将来どーしましょうかね。本業に加え、副業ガンガルしかねぇな。

ちなみにT氏の解雇(本人には伝えてないらしいけど)が決まってから数日後、T氏は在職中に次の働き先を探すべく、色々な現場に面接へ行っていた。それに関してO氏との会話も漏れ聞こえてきたが、どうにも上手くいかないみたい。

理由も先方からフィーリングが合わなかったからとか、コミュニケーションがどうとか…

きっと面接官も漏れ出る危険な臭いを嗅ぎ取り、採用には至らなかったんだろうか。

スポンサーリンク